16 août 2012

Les Ponts Couverts(屋根付き橋)


Les Ponts Couverts (屋根付き橋) と呼ばれるこの橋は、もともとは町の防御のために、13世紀に建てられました。




当時、ストラスブールの町は島の外側にあったため、攻撃があった場合に備えて、イル川の運河の特攻口を守る必要があったのです。

13世紀には、木造で瓦屋根に覆われた橋に4つの塔があり、数世紀にわたって何度も補強が繰り返されてきました。

14世紀には木の支柱を石に、16世紀には町の包囲に備え、イル川を通行止めにするための金属製の格子を設置。さらには、鉄砲隊が待機するためのスペースが設けられました。

18世紀になると、瓦屋根が取り外され、ヴォーヴァンダムの建設により屋根付き橋は軍事的意味を持たなくなりました。

19世紀にはついにすべて取り壊し再建設され、現在の石橋となったそうです。



ランキングに参加しています!お気に召されたらクリックしてください。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire